【胆道がん・胆管がん】闘病記まとめ(ブログ・書籍)

      2016/09/29

胆道がん・胆管がんの闘病生活を始められる方。ご本人だけでなく、ご家族や友人など身近な人が胆道がん・胆管がんの治療中である方にとって、闘病記は勇気づけられる事や参考になることが書かれています。

そこで、胆道がん・胆管がんの闘病について書かれたブログや書籍をまとめてご紹介します。


胆道がん・胆管がんの闘病記ブログ

胆管がんの闘病ブログ

父親が胆管癌になりました

実父の胆管癌が発覚。 長男 目指せ!東工大! 次男 目指せ!生き物博士?!

http://ameblo.jp/micomico1210/

胆管癌情報ガイド 闘病記 ステージⅣ

胆管癌であることが分かったきかっけは、腰痛でした。なかなか改善されず、検査を続けるうちに、胆管癌であることがわかりました。わかった時には既にステージⅣbで手術できない状態でした。当初(当時2013年)は、抗がん剤治療を開始しましたが、胆管癌は抗がん剤の効き目が期待されないので、緩和治療に専念しました。母の記録を残すことで、胆管癌になった、本人、そのご家族へお役に立つことができれば幸いです。

http://tankangan.com/

胆管がんになった看護師の闘病記

現役看護師として10年働いてます。
慢性硬化性胆管炎という難病からの突然の胆管がん宣告を受け闘病記をつづることにしました。
毎日更新できるように頑張ります。

http://ameblo.jp/nevergiveup-makenai/

五十四にして天命を知る(肝門部胆管ガンを患って)

山と園芸が中心のブログでしたが、病気も加わってしまいました。病気ですが、2012年7月に胆管ガンのステージⅣ-aとの告知を受けました。

http://faredodger.blog.fc2.com/

相方が胆管がんになってもーた。だがしかし大丈夫だいじょーぶ!

2011年2月、難治性代表格の胆管がん告知。手術できないと言い渡され、どよよーん。だがしかし、幸いにも手術ができ浮上~。その後、抗がん剤の副作用に耐えきれず2年予定を半年早く切り上げる。今では、ま。なるよーにしかならん。と思えるよーになってきた。

http://ameblo.jp/ms-of/

tora3のブログ

胆管がんの発見、手術から8年経ちました。

http://blogs.yahoo.co.jp/tora3kei

胆道がんの闘病ブログ

母の闘病日記(胆道がん末期)

このブログは、胆道ガン末期の母の日々を綴ったものです。平成26年1月、母は胆道ガン末期(ステージ4b)と宣告を受けました。私自身の心の整理のため、また、胆道ガンについて参考になればと思い、最後の日まで、書き続けることにしました。

http://hanasaita100.blog.fc2.com/


胆道がん・胆管がんの闘病記本・電子書籍

胆道がんへの挑戦―「癌研魂」と「柔」の道

研究者であり、柔道家でもあるひとりの外科医が「癌研魂」と「柔道魂」で挑む胆道がん治療。

二村 雄次(著)

胆道がんへの挑戦―「癌研魂」と「柔」の道 (悠飛社ホット・ノンフィクション)

カーテンコール

生還を信じ、女優として舞台に立ち続けた妻。
妻の余命を知りながら、支え続けた夫。
妻と夫、二人で完成させた奇跡の物語。
人間ドックで偶然発見された「肝内胆管がん」。
手術と抗がん剤に疑いを持ち、最善の治療法を探し求めたセカンドオピニオン。
信頼できる医師と出会い、覚悟して臨んだ腹腔鏡手術。
手術前夜に病室で綴った、夫への遺書。
「私の娘」とまで呼んでいた、愛犬シナモンの最期。
そして、夫が書き記す、激やせ騒動と衝撃の死の真相。
最後まで「川島なお美」を演じきった、ある女優の生き様。

川島なお美・鎧塚 俊彦(著)

カーテンコール

※価格等は記事作成時の情報です。購入・ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

 - 癌闘病記