【多発性骨髄腫】闘病記まとめ(ブログ・書籍)

      2016/09/29

多発性骨髄腫の闘病生活を始められる方。ご本人だけでなく、ご家族や友人など身近な人が多発性骨髄腫の治療中である方にとって、闘病記は勇気づけられる事や参考になることが書かれています。

そこで、多発性骨髄腫の闘病について書かれたブログや書籍をまとめてご紹介します。


多発性骨髄腫の闘病記ブログ

多発性骨髄腫 闘病備忘録

40歳にて発症、進行した多発性骨髄腫のTOTAL THERAPY3での治療備忘録です。IgA-κ型、T2脊椎腫瘍が原因で粉砕、完全になくなって脊損。リハビリと病気の治療とで悪戦苦闘。

http://ameblo.jp/wmoon44/

多発性骨髄腫とOYUKI

29歳で11歳の娘をもつシングルマザー。28歳で多発性骨髄腫と診断され闘病中(・・*)。。oO

http://ameblo.jp/y19861002/

多発性骨髄腫との歩み (妻との約束) since 2016

2016年に多発性骨髄腫となりました。3人の小さな息子を巣立たせてたい、もう一度妻と新婚旅行で訪れた地に行きたい。この2つの目標に向かって動き出した裸の気持ちを記します。

http://ameblo.jp/fkfk888/

今日も笑顔で ~四十男の多発性骨髄腫闘病記~

44歳で多発性骨髄腫を発症し、治療を開始。自分の闘病記録が少しでも役立てばと思い綴っていきます。

http://ameblo.jp/kiga-5578/

負けるか多発性骨髄腫

平成27年7月22日 45歳で多発性骨髄腫発症(血液の癌) 多発性骨髄腫の闘病記になります。

http://ameblo.jp/shingo4487/

多発性骨髄腫闘病記

えたいの知れない病気「多発性骨髄腫」にかかって、希望を失わず人生を楽しんでいくことを決意したギタリストのメッセージです。

http://ameblo.jp/ogukunda/

必ずカエルよ~ 多発性骨髄腫と歩む

多発性骨髄腫という病気になってしまいました。検出できるM蛋白はベンスジョーンズですがその数値が低く、非分泌型に近いそうです。平成22年7月22日に入院、23年2月23日に退院しました。

http://ameblo.jp/rucola-row/

さゆりのひとり言-多発性骨髄腫と共に-

多発性骨髄腫歴11年目の現役ナース。入院9回’08年4月臍帯血移植。「病気は個性」と時にコケながら前向きに生きています。

http://blog.goo.ne.jp/kerakera30

愛しのパパさん

多発性骨髄腫闘病記

http://blue.ap.teacup.com/yukikomama0420/

あの空の向こう側へ

ある日「多発性骨髄腫」と診断を受けた母と、その母を支えるおバカな娘の戯言と闘病日記

http://blog.livedoor.jp/laudy1192/

多発性骨髄腫の闘病記本・電子書籍

はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日

「はっちゃんのいないこの世界は死ぬほど空しい。でも、私は生きてゆく――」多発性骨髄腫を発症した夫・加賀八郎(「THE GOOD-BYE」ベース、ボーカル)との日々を、妻で漫画家の池沢理美が描いた、夫婦の闘病コミックエッセイ。夫婦で過ごした切なくも愛おしい1094日間の物語です。「壮絶な闘病、そして喪失の哀しみののちに残ったのは、愛でした――。」

池沢理美 (著)

はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日 (KCデラックス BE LOVE)

多発性骨髄腫 サリドマイドが効いた ~患者を生きる~

かつて多大な薬害を引き起こした薬、サリドマイド。多発性骨髄腫を発症し、余命3年と言われた女性は、抗がん剤と造血幹細胞移植を受けたが、症状が悪化。掲載当時未承認だったこの薬を「最後の手段」として使うことを決心した。「患者を生きる」がんシリーズ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。

朝日新聞(著)

多発性骨髄腫 サリドマイドが効いた ~患者を生きる~ (朝日新聞デジタルSELECT)

多発性骨髄腫を生きる〈1〉

病状、医師の対応、治療、薬など、冷静に克明につづる。難病を抱えながら支え合い、立ち上がり、元気に暮らす夫婦の記録。

三輪 敏広・三輪 和恵 (著)

多発性骨髄腫を生きる〈1〉

多発性骨髄腫を生きる〈2〉

度重なる再発、しのび寄る病魔に負けず、夫婦は最後まで二人三脚、山を歩き、生きることを味わう。がんばらない、でもあきらめない。

三輪 敏広・三輪 和恵 (著)

多発性骨髄腫を生きる〈2〉

※価格等は記事作成時の情報です。購入・ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

 - 癌闘病記