【乳頭温泉】山の薬湯といわれる孫六温泉 ラジウム鉱泉・混浴あり(秋田県仙北市)

   

乳頭温泉は、十和田・八幡平国立公園内の乳頭山麓にある7つ温泉(鶴の湯温泉、大釜温泉、妙乃湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、黒湯温泉、一本松温泉)の総称です。

効能・泉質

乳頭温泉のなかの孫六温泉は、乳頭温泉郷公式サイトによると、泉質はラジウム鉱泉と記載されています。
Wikipediaには単純硫黄泉と記載されていますが、「山の薬湯」といわれている効能は昔から言われているようで、皮膚病や胃腸への効果がうたわれています。
お湯の色が青い事が特徴です。

アクセス

秋田新幹線田沢湖駅より路線バスで約55分。さらに徒歩約15分
東京の上野駅から田沢湖駅までは、約2時間40分です。

宿・ホテル

孫六温泉

料金 ¥11,000~/人

秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林内
秋田新幹線田沢湖駅下車、車で50分
湯治湯の風情を今に残す温泉宿。大自然を肌で感じられる野趣味ある露天風呂が自慢。4つある源泉はそれぞれ効能が異なり、"山の薬湯"として親しまれている。
孫六温泉

 - 北海道・東北のラジウム温泉