【甲状腺がん】闘病記まとめ(ブログ・書籍)

      2016/09/29

甲状腺がんの闘病生活を始められる方。ご本人だけでなく、ご家族や友人など身近な人が甲状腺がんの治療中である方にとって、闘病記は勇気づけられる事や参考になることが書かれています。

そこで、甲状腺がんの闘病について書かれたブログや書籍をまとめてご紹介します。


甲状腺がんの闘病記ブログ

発病時の年齢が20代

tanteiusakoの甲状腺癌闘病記

28歳で甲状腺癌になり、甲状腺全摘を経験。自分もそうだったように、病気について調べる皆様のわずかな光となりますように。

http://ameblo.jp/tanteiusako/

20代で甲状腺癌発症その後腋窩リンパ節転移&両肺転移なんでぇ!!!

結婚してすぐに妊娠出産!順風満帆なハズが20代で甲状腺癌!全摘出後腋窩リンパ節転移両肺転移…同じ年の旦那さんと子供1人3人家族で頑張るブログ。

http://ameblo.jp/5162713/

甲状腺癌と闘う25歳!のひとりごと

ぜ今回ブログを始めたかというと、完全にタイトルでネタバレなんですが、そう!25歳にして癌を患ってしまったからです。 癌家系で親や親戚が若くして亡くなっているので、いつかは自分も・・・。と思っていたのですが、まさか20代で・・・。 このブログはそんな私の甲状腺癌と闘う日々をお伝えします!

http://blogs.yahoo.co.jp/agony_medium

発病時の年齢が30代

甲状腺腫瘍手術の入院記録

30代で甲状腺腫瘍で手術入院になった記録をまとめています。苦手な人は見ないでください。似たような病状の方の参考になればと始めました。

http://ameblo.jp/necoconecoco777/

ハリケーンともりんのブログ

30代の主婦でございます。二人の娘のママの日記です。2012年に病気(甲状腺癌、子宮内膜症&チョコレート嚢胞、他)が次々と見つかり、今現在も治療をしています。主婦の目線や、病気の事を中心に書きます。

http://ameblo.jp/office-y-arashi/

人生色々

私も40になりました。 闘病はじめて3年目。
2012年2月18日甲状腺がんといわれる。同年4月5日手術。同年6月病院を変更。同年6月末から放射線治療を始める。35回。副作用…辛かったな。13年2月19日肺に転移してると言われる。同年6月18日から治験薬レンバチニブの服用をはじめる。

http://ameblo.jp/11051973/

発病時の年齢が40代

~ Moi の「甲状腺癌」闘病記録 ~

甲状腺乳頭がん~反回神経まひの闘病記です。

http://ameblo.jp/moinoheya/

甲状腺癌闘病記 私の場合

これまで、健康診断、人間ドックも、毎年小まめに受診してました。結果は、「健康優良児」と褒められたことしかなく、ちょっとメタボ気味なのを除けば、健康には何も心配していませんでした。入院だって経験なし。そんな私が、ある日、甲状腺癌の宣告を受けるはめに。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~dragonfly/

健康回復へ情報交換!甲状腺がん格闘記

何気に資格試験のブログをやろうとしたら甲状腺がんが発覚!思いつくままに書きます。40代もうすぐ卒業。それまで大きな病気なし。急な告知にパニックになることも。良い情報交換の場になればと、作っています。

http://kita3921.blog20.fc2.com/

発病時の年齢が50代

セカンドステージ 甲状腺がんとの闘いとその未来へ

アラフィフ世代。突然の腫瘍摘出手術。病名は甲状腺がん。仕事、家事、子育て、闘病・・・いろんなことが次々に展開される人生だけど、こんな体験が誰かのために少しでもなれば、生まれてきた意味もあるのかな・・・

http://ameblo.jp/ydtayamama/

私の甲状腺癌記録…覚え書き

2回のお産以外で入院したことのない私がアラカンで甲状腺癌になり(実は夫も濾胞癌を過去に摘出)手術をするまでの色々とその後を記録に残しておきます。同じ病の人の参考にして頂ければ幸いです。

http://ameblo.jp/dosukodon/

発病時の年齢が60代

甲状腺癌 濾胞癌 日記

母が67歳で甲状腺癌・濾胞癌と宣告されました。そのときから今までの覚書てす

http://ameblo.jp/kurara1947/


甲状腺がんの闘病記本・電子書籍

奇跡の歌――声を失った天才テノール歌手の復活

ベー・チェチョル
1969年韓国生まれ。子どもの頃から教会の聖歌隊で歌う。ハニャン漢陽大学を卒業後、イタリアのヴェルディ音楽院を修了。26歳でハンガリー国立歌劇場にてデビュー後、ヨーロッパ各地の名門オペラハウスでソリストとして活躍。世界的にも貴重な「リリコ・スピント」の声質を持つ。日本では2003年オーチャードホールでの公演「イル・トロヴァトーレ」でデビューを飾った。「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称されながら、05年甲状腺がんに倒れ、手術の際に声帯と横隔膜の神経を切断、声と右肺の機能を同時に失うが、ファンの支援の輪が広がり、06年京都大学名誉教授・一色信彦医師による声帯機能回復手術を受ける。再起を信じリハビリを続ける姿は日韓両国のドキュメンタリー番組で紹介され、多くの人々に感動と勇気を与えた。08年教会などで演奏を再開。
同年12月、CD「輝く日を仰ぐとき」の収録と同時に奇跡とも言える舞台復帰を果たした。

ベー・チェチョル(著)

奇跡の歌――声を失った天才テノール歌手の復活

からだに寄りそう―がんと暮らす日々

甲状腺がんを患った著者のがんの再発、糖尿病とのつきあい、病に寄りそい日常を愉しむ…「闘わないためのもうひとつの闘病記」自ら二度のがんを経てたどりついた独自の身体観、両親を在宅ホスピスで看取って覚えた病と死との和解術を医療倫理の専門家が語る。
自ら二度のがんを経てたどりついた独自の身体観、両親を在宅ホスピスで看取って覚えた病と死との和解術を、医療倫理の専門家が語る。闘わないためのもうひとつの闘病記。

波多江 伸子(著)

からだに寄りそう―がんと暮らす日々

※価格等は記事作成時の情報です。購入・ダウンロードする際は最新情報をお確かめください。

 - 癌闘病記